Rays and Waves

tdswordsworksによる映画・音楽・アート・書籍などのレビューや鑑賞記録。

「素晴らしき美術史」「人間と物質」 ほか(PARASOPHIA)

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015 京都で3月から開催されている現代芸術祭に行ってきました! 出品作家が豪華なのです。 <a href="http://www.parasophia.jp/" data-mce-href="http://www.parasophia.jp/">PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭</a&gt…

Mommy / マミー

15-023.グザヴィエ・ドラン「Mommy/マミー」(カンヌ審査員賞受賞作)http://mommy-xdolan.jpアスペクト比1:1の画面に収められると「面白くて/愛らしくて/分かち合いたい」ポートレートに思えてくる。これ、インスタグラム効果と呼びたい。情報量を抑える…

セッション

僕が、映画好きもしくは音楽好きのどちらか一方であったなら、この作品に対する愛憎に心を掻き毟られることなんてなかったのに。ブーイングと称賛の拍手を同時に送りたい。 映画『セッション』予告編 - YouTube この映画については、映画評論家の町山智浩さ…

薄氷の殺人

中華系の映画で登場人物たちの心境を示唆する象徴的な食事の風景として、よく「肉まん」が出てくるのは、どうしてなんだろう。しかも、出てくると必ず食べたくなっちゃうんだよね。今日観た「薄氷の殺人」もそうでした。帰りに成城石井で購入笑使い古された…

ジャージー・ボーイズ

15-01. 新年映画始めは、キネマ旬報ベストテン2014年外国映画第1位に輝いたクリント・イーストウッド作品。上映最終日に駆け込みで観てきました。 僕は監督名で映画を選ぶことが多いのですが、大御所よりも若手を優先するタチなもので、イーストウッド監督作…

板持廃村再生プロジェクト(メインブログ2014.7.22より転載)

<a href="http://tds.dreamlog.jp/archives/50861907.html" data-mce-href="http://tds.dreamlog.jp/archives/50861907.html">板持廃村再生プロジェクト : BLOG by tdswordsworks</a> 板持廃村再生プロジェクト : BLOG by tdswordsworks

音楽ライブリスト 2014

2/11 くうきにみつる コンサート(すみだトリフォニーホール) 4/6 Electric City FES. 4/13 Bruno Mars Moonshine Jungle(幕張メッセ) 4/27 音楽からとんでみる4(スパイラルホール) 4/29 RE: form Jazz(SuperDeluxe) 5/25 GREENROOM FESTIVAL '14 7/6…

芸術鑑賞リスト2014

【美術展】 1/5 うさぎスマッシュ展 世界に触れる方法/吉岡徳仁―クリスタライズ(東京都現代美術館) http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/148.html http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/147.html 2/14 齋藤陽道個展"宝物"(ワタリウム美術館) ht…

映画鑑賞リスト2014

2014年にスクリーンで観た映画作品リスト ゴーン・ガール米 イロイロ ぬくもりの記憶シンガポール パーソナル・ソング米 おとぎ話みたい日 真夜中のふたりポーランド ガーデンイスラエル ショート・ターム米 インターステラー米 6才のボクが、大人になるまで…

THE WAY I HEAR

自転車で蔵前橋通りを西端まで。トーキョーワンダーサイト。 トーキョーワンダーサイト | 東京から新しい芸術文化を創造・発信するアートセンターmamoru氏の"「THE WAY I HEAR, B.S.LYMAN」より第四章「19 June, 1874」"がよかったのです。 明治の調査隊員の…

螺旋銀河

終盤まで2人(3人)の関係にある緊張感と鮮やかなイメージのコントラストが素晴らしかった。今年のIDCFで最大の収穫。

アクト・オブ・キリング

大量虐殺の「英雄」たちを被写体にした衝撃的なドキュメンタリー。耳目を塞ぎたくなる非常にツラいシーンもあり、一方で僕の空いた口が終始塞がらず。けれど、ジャーナリズムの勝利を静かに宣言するかのようなラストまでちゃんと観てよかった。

ぼくたちの家族

何度か涙腺決壊したけど、そのいずれもお涙頂戴とはちょっと違う場面だったのが特徴的。石井裕也節とでも言うべきか、主人公が吹っ切れたようになにかに取り組み始める展開はお馴染みだけど、過去作に比べるとその転換がとても自然。

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち(原題: SACRO GRA)

ヴェネツィアでドキュメンタリーとして初の金獅子賞を奪取した話題作。公開3日目の平日朝1本目に行ったらチケットが取れず、翌日リベンジ。やはり満席でした。 カメラは、社会的な生き物としての人間の暮らし、勃興と没落の有機性をとても愛おしく映し出す。…

"ジャズメンとビートマエストロたちの供宴"(メインブログより転載)

"ジャズメンとビートマエストロたちの供宴" : BLOG by tdswordsworks "ジャズメンとビートマエストロたちの供宴" : BLOG by tdswordsworks

コーヒーをめぐる冒険(原題: Oh Boy)

都市に暮らしそれぞれに問題を抱えた人たちとのやりとりを通して、自分の問題と向き合っていく青年の1日。苦いコーヒーは現実と折り合うことのメタファーっぽいけれど、そこに悲壮感がまったくないのが素敵。そしてモノクロのベルリンの街の情景が美しすぎて…

5つ数えれば君の夢

思考がピリピリしてきた。思春期の女の子の魅力と醜悪のアンサンブルは、衝撃的な処女作「あの娘が海辺で踊ってる」の流れを汲んでいながら、主人公に5人を据えた複層的な物語になって味わいが格段に増している。妄想にリアリティが少し同居し始めている点に…

The Gambler’s Fallacy@渋谷WWW

The Gambler's Fallacy@渋谷WWW upし忘れていた過去の鑑賞記録。 素材を列挙するとダンスとラップとDJと朗読とサックスとパーカッションと骨伝導と蛍光灯なんだけど、なんて説明したらいいのかさっぱりわからんかった。何がしたいのかも正直理解し難かった(…

映画鑑賞リスト2013

2013年にスクリーンで観た映画作品リスト レ・ミゼラブル英★ LOOPER米 ゲキxシネ 髑髏城の七人日 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語日◎ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語日◎ ももいろそらを日○ 人生、ブラボー!加 ライフ・オ…

風立ちぬ 感想走り書き

年間に100本も映画を観てると、1本1本に対する評価は割とスパッと決めて片っ端から忘れていくことになるのだが、どう評価してよいかなかなか結論が出ない作品というのがある。 「風立ちぬ」はそういう作品のひとつだった。 だから完全にタイミングを逸した、…

ビッグデータの衝撃

ビッグデータの衝撃――巨大なデータが戦略を決める 作者: 城田真琴 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2012/06/29 メディア: 単行本 購入: 9人 クリック: 223回 この商品を含むブログ (20件) を見る 「ビッグデータ」。今年に入ってから頻繁に聞くよう…

映画鑑賞リスト2012

2012年にスクリーンで観た映画作品リスト 火山高 パーフェクト・センス 断絶 きみはペット J・エドガー ヒミズ ラップランド・オデッセイ 友達 生きてるものはいないのか NINIFUNI メランコリア ドラゴン・タトゥーの女 pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいの…

音楽CD購入リスト2012

Mylo Xyloto / Coldplay Spiritual State / nujabes Soon it will be cold enough / Emancipator ULTRA / bonobos Maminka / Czecho No Republic Dear Grand Piano / 末光篤 mitsume / ミツメ billion voices / 七尾旅人 我在那邊唱 / TOTEM 首張個人創作專…

The Lady 引き裂かれた愛

僕のミャンマーに対する関心の始まりは、学生時代に少しだけ参加していたアムネスティインターナショナルの大学支部の活動で読んだニュースレターだった。アウンサースーチーさんっていう長い名前の女の人が、自宅軟禁っていう頭にはてなが3つくらい浮かびそ…

世界を変えた10冊の本(池上 彰)

『資本論』『コーラン』『アンネの日記』からケインズ、フリードマン、M.ウェーバーまで。池上解説で今度こそわかる、現代を読み解く“新古典”10冊。 『アンネの日記』が中東問題に影響力を持つ理由とは? 日本人だけが知らない『聖書』の内容とその歴史 『コ…

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

9.11で父親を亡くしたアスペルガー症候群の兆候のある少年が、1年後に父の遺品から鍵を見つけ、その鍵穴を探すためにNYCの色んな人と出会う物語。テーマはいつの間にか、愛する人の喪失から、愛を伝えることの大切さへと移っていく。思うに、日本人の価値観…

映画鑑賞リスト2011

2011年にスクリーンで観た映画作品リスト 紀子の食卓 アブラクサスの祭 気球クラブ、その後 海炭市叙景 ソーシャル・ネットワーク We Don't Care About Music Anyway Make the Last Wish ソウル・キッチン 白夜行 エレファント ウォール・ストリート 冷たい…

2011年 劇場鑑賞映画TOP20

1.海炭市叙景 2.127時間 3.シンプル・シモン 4.キック・アス 5.ブラック・スワン 6.PLAY 7.マイ・バック・ページ 8.タレンタイム 9.八日目の蝉 10.人生、ここにあり! 11.あぜみちジャンピンッ! 12.SOMEWHERE 13.MR.NOBODY 14.ブルーバレンタイン 15.パラダ…

『暴力団』

暴力団 (新潮新書) 作者: 溝口敦 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2011/09/16 メディア: 新書 購入: 6人 クリック: 111回 この商品を含むブログ (45件) を見る 暴力団についてはこれ一冊で良いです。著者の暴力団に関する取材の集大成。 海外のいわゆる「マ…

ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術

日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術 作者: 田中雅子 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2011/05/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 2人 クリック: 41回 この商品を含むブログ (10件) を見る 周りを巻き込んでチーム…

戦略と実行: 組織的コミュニケーションとは何か

戦略と実行 作者: 清水勝彦 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2011/03/24 メディア: 単行本 購入: 9人 クリック: 39回 この商品を含むブログ (7件) を見る この本が語る内容で最も重要なのは、「戦略とは仮説である」ということです。 「実行」は戦略の後…

憂鬱でなければ、仕事じゃない。

憂鬱でなければ、仕事じゃない 作者: 見城徹,藤田晋 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/06/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 10人 クリック: 436回 この商品を含むブログ (66件) を見る うちの会社のブランドスローガンと真逆の主張をするタイ…

20代でリーダーになる人の『人を動かす技術』

20代でリーダーになる人の「人を動かす技術」 作者: 古川裕倫 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター 発売日: 2010/12/23 メディア: 単行本 クリック: 3回 この商品を含むブログ (1件) を見る タイトル通り、若手リーダーに向けて、「人を動…

あぜみちジャンピンッ!

耳の聞こえない女子中学生がストリートダンスと出会い、そこで生まれる衝突や葛藤、周囲の反応を描く感動作。世界各国の映画祭で観客賞などいくつも賞を獲っている。序盤の展開は割とありきたりという感じで、ストリートダンスのチームに優しい友人ができ、…

マイ・バック・ページ

この映画が傑作であることを説明するために、いくつかの断りを入れなければいけない。 推奨年齢は20代後半~30代 1970年前後の学生運動が丁寧に描かれているけれど、その特徴を決定付けるのは、監督が34歳の山下敦弘さん(大阪芸大卒)、つまり全共闘運動を…

となりまち戦争

2005年8月7日「セカンド・ブリーチ」より整理のため加筆修正して再掲 となり町戦争 作者: 三崎亜記 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2004/12 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (489件) を見る となり町戦争 (集英社文庫) 作…

DRAGON BALL

2009年11月13日「セカンド・ブリーチ」より整理のため再掲 ドラゴンボール (巻42) (ジャンプ・コミックス) 作者: 鳥山明 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1995/08 メディア: コミック クリック: 15回 この商品を含むブログ (27件) を見る 実は1度も読んだこ…

ONE PIECE 51

2009年12月31日「セカンド・ブリーチ」より整理のため再掲 ONE PIECE 巻51 11人の超新星 (ジャンプコミックス) 作者: 尾田栄一郎 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2008/09/04 メディア: コミック 購入: 7人 クリック: 89回 この商品を含むブログ (140件) を…

八日目の蝉

カメラワークが丁寧でいい。井上真央の初登場シーン(布団にうつぶせ)とか、強いこだわりが感じられる。カットの切り換えも自然なタイミングで、母の生きる過去と娘の生きる現在を行ったりきたりする脚本なのに、違和感がない。上映時間が長いのもその裏返…

SOMEWHERE

ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞という箔がない状態で観たらどう評価しただろう?と考えてみたけれど、どう言っても名作。映画表現の理想と現実について、僕が映画に対して抱く憧憬と嫌悪について、ソフィア・コッポラ監督ならではの視点で実に的確に描ききっ…

名前のない少年、脚のない少女

事前にどんな映画なのか(舞台背景とあらすじ)を掴んでおかないとわけがわからない感じのまま物語が進んでしまう。誰が生きてて誰が死んでるのか、どのシーンが妄想でどこからが現実なのか、敢えて曖昧にしている、おれの苦手なタイプの映画。序盤は退屈だ…

現代芸術の企画展としては最高評価をあげたい!美術展レビュー「MOTアニュアル2011」

MOTアニュアル2011 Nearest Faraway|世界の深さのはかり方 MOTアニュアル2011 Nearest Faraway|世界の深さのはかり方 展覧会|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 田窪恭治展 風景芸術 田窪恭治展 風景芸術 展覧会|東京都現代美術館|MU…

アーキテクチャの生態系―情報環境はいかに設計されてきたか/濱野智史

アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか 作者: 濱野智史 出版社/メーカー: エヌティティ出版 発売日: 2008/10/27 メディア: 単行本 購入: 99人 クリック: 1,146回 この商品を含むブログ (263件) を見る かなり前に買って積読状態だった本…

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である 作者: いしたにまさき 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2010/11/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 61人 クリック: 2,497回 この商品を含むブログ (41件) を見る "ネットでよく見かけるあの…

キック・アス

アメコミに憧れるオタクの高校生が、ヒーローの変装をして街に出て、オヤジ狩りしてるチンピラに勇気を振り絞って注意したけどあえなくボコボコにされる。それでもめげずに夜の街を巡回していたある日、リンチを目撃。やっぱりボコボコにされながらも、キザ…

ウォール・ストリート

世の中で最も重要なものはラブ&ピースなんだと、強く思った。世界を狂喜させる金とゲームの力は決して留まる所を知らないから、それに対抗すべく、常にラブ&ピースを胸に掲げて行かなければならない。それはちょうど、女が世の中を造り、男がそれを壊し進…

2010年 劇場鑑賞映画TOP10

1位:告白 【レビュー】http://d.hatena.ne.jp/choooo/20100606/1275846721 告白 【DVD特別価格版】 [DVD] 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2011/01/28 メディア: DVD 購入: 3人 クリック: 251回 この商品を含むブログ (285件) を見る 2位:パリ20区、僕た…

2010年に購入した音楽CD TOP10

1. wannapunch! 2. EARTH(世界の終わり) 3. DEAD WAVES 4. Acolyte 5. doo-wops & hooligans 6. CONTRA 7. ファンファーレと熱狂 8. ごめんね 9. BREAK BOY 10. Rainbow Magic 一部の作品について感想など。 wannapunch! アーティスト: Shuta Hasunuma 出…

音楽CD購入リスト2010

wannapunch! Rainbow Magic STARGAZER ORCHESTRA Welcome Stranger SWEET VOICES -Gentle Boyfriends- Anthems For The Long Distance 暁(soulkids) 5years(木村カエラ) Acolyte CONTRA Ocean Eyes ファンファーレと熱狂 BREAK BOY アネモネ(soulkids)…

狙われるスマートフォン(転載)

月曜の日経朝刊1面が、スマートフォンのセキュリティの話題でした。 あー、いよいよなんだな、と感じたので、過去に社内向けマガジンレビューに投稿したものをコピペします。 ================================ 「狙われるiPhone」 「Android Marketは危険…